せっきょう・まえせつ2018.6.24

2018-06-26
「悲しみながら立ち去った」
                       マルコによる福音書10章17-22節
 永遠の命を受け継ぐには、何をすればよいでしょうか。」その男性は真剣でした。
永遠の命を受け継ぎたいと一生懸命律法遵守に励み、イエスさまがお尋ねになった戒
めについて「そういうことはみな、子どもの時から守ってきました。」と自信満々で
応えられるほどです。そのひたむきな様子にイエスさまは好感を持たれたようでした。
永遠の命をこの人に受け継がせてあげたいと思われ「あなたに欠けていることが一つ
ある。」と仰いました。それを聞いた男性は、気を落とし悲しみながら立ち去って行
きました。イエスさまは何を仰ったのでしょうか…。
 この男性にはたくさんの財産がありました。彼はこの財産に頼って豊かな人生を送
って来たようでした。しかしイエスさまは「あなたがたは神と富とに(同時に)仕え
ることは出来ないと常々言っておられました。イエスさまは男性にこう仰ったのです。
財産を売って貧しい人々に施しなさい。そして私に従って来なさい。」イエスさまは
この人が、自分の幸いだけを追求し永遠の命をもその延長で得たいと願っていること
の間違いを指摘されたのです。他者と共に生きる豊かさを教え、この世の富を失うこ
とで天に朽ちない宝を積むことになるという、とても具体的なことまで丁寧にお話し
になったのです。けれどもそんな天上の価値観は、目に見える財産を頼りにしている
この男性には理解出来ませんでした。財産を自分以外の人に施すことなど、到底考え
られなかったのです。この人はあれほど熱望していた永遠の命でなく、儚いこの世の
富を選んだのでした。男性は「悲しみながら立ち去った」と書かれています。でも、
イエスさまの方がもっと悲しかったに違いありません…。
Share